700品種300万本のチューリップが咲き誇る「となみチューリップフェア」が、富山県砺波市で開幕しました。
 今年は、砺波市で球根栽培が始まってからちょうど100年にあたり、大花壇には「100」の文字が描かれています。

 また、立山の「雪の大谷」にちなんだ「花の大谷」もあり、訪れた人は花の壁の間を散策し、楽しんでいました。

 チューリップフェアは来月5日までで、期間中30万人の人出を見込んでいます。(21日11:46)