フィリピンの首都マニラで20日、出張中の日本人が銃で撃たれ死亡しました。
 死亡したのは愛知県の会社社長、水野成規さん(48)で、水野さんらを乗せたワゴン車が走行中、2人乗りをしたオートバイからいきなり銃撃を受けたということです。同乗していた通訳のフィリピン人男性も軽傷を負いました。

 「3発銃声みたいな音、見たらバイクが走っていくのが見えた」(別の車で同行していた人)

 銃撃のわずか2分後の映像には、車が急停止し運転手が警察に知らせるため走り出る姿が写っています。水野さんは現地の日系企業を訪れるためマニラに着いたばかりで、夕食後、ホテルに向かう途中に襲われたということです。警察が逃げた2人の行方を追っています。(21日15:51)