北朝鮮による弾道ミサイル発射が頻発している状況を踏まえ、政府は21日、各都道府県の担当者に対し、ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、説明会を開きました。
 落下の可能性がある場合、政府の緊急メッセージが防災行政無線などで流れるということで、屋外にいる場合は、できるだけ頑丈な建物や地下に避難するなどの行動をただちにとるよう説明。避難訓練の積極的な実施を呼びかけています。(21日11:18)