自民党は、女性問題で経済産業政務官を辞任した中川俊直衆院議員に、離党を求める方針を固めました。
 「(中川氏本人が)釈明するのが当然である。今この問題について時間を割くつもりはありません」(自民党 二階俊博 幹事長)

 自民党は21日朝の幹部会合で、二階幹事長ら党幹部が中川氏の処遇について協議し、「党内が迷惑をこうむっている」などと批判が噴出。速やかな離党が望ましいとして、中川氏本人に離党届の提出を求めることにしました。また、本人が応じない場合は、強制力のある離党勧告も検討しているということです。

 中川氏の問題を巡っては、民進党などの野党が「政務官辞任についての明確な説明がない」などと反発し、衆・参両院の経済産業委員会での審議がストップしていて、与党内から速やかな対応を求める声が上がっていました。(21日11:20)