日本・韓国に続いて中国を訪れたアメリカのティラーソン国務長官は中国の王毅外相と会談し、米中が連携して北朝鮮に方針転換を迫っていくことで一致しました。
 「王毅外相は北朝鮮政府に方針転換をさせるために、米中が連携していくことに同意しました」(ティラーソン国務長官)

 ティラーソン国務長官は18日、北京で王毅外相と会談し、朝鮮半島情勢は危険なレベルに達しているとの認識を共有するとともに、米中が協力して北朝鮮に方針転換を迫っていくことで一致しました。ただ、ティラーソン国務長官が軍事力の行使も含め「あらゆる選択肢を検討する」と北朝鮮により強い姿勢で臨む方針を示している一方で、王毅外相はあくまで対話を通じて解決すべきだと強調していて、立場の違いが改めて浮き彫りとなっています。

 ティラーソン国務長官は19日、習近平国家主席と会談し、来月にも行われるトランプ大統領との初めての米中首脳会談に向けて調整を行うものとみられます。(19日02:08)