三連休初日の18日、神奈川県伊勢原市では、「わんこそば」ならぬ「わんことうふ」の早食い大会が行われました。
 伊勢原市では名物の豆腐を多くの人に知ってもらおうと「大山とうふまつり」が開かれています。メインイベントは豆腐の早食い大会。90秒間で、どれだけ多くの豆腐を食べられるかを競います。

 子どもから大人まで75人が参加し、男性部門で優勝した男性は90秒間でおよそ5丁およそ1.9キロを食べたということです。また、直径4メートルの大鍋で作られた湯豆腐も無料でふるまわれ、来場者は濃厚な豆腐を口いっぱいにほおばっていました。この催しは19日も開かれる予定です。(18日15:20)