イギリスのウィリアム王子が公式行事を欠席してナイトクラブで女性らと夜遊びをし、ダンスを踊る映像が流出し、イギリスメディアの批判にさらされています。
 今週の13日、エリザベス女王ら王室は、イギリス連邦に属する国を祝う「コモンウェルスデー」の式典に出席し、公務を果たしました。ところが、ウィリアム王子はこの式典を欠席。友人とスイスのリゾート地でスキーを楽しんだ際、「ナイトクラブで女性と時間を過ごし、ダンスを踊っていた」とイギリスメディアが映像とともに報じ、一斉に批判しました。イギリス大衆紙の「サン」は、「キャサリン妃は何と言うだろう」との見出しでこれを伝えています。

 ウィリアム王子とキャサリン妃は17日、結婚後初めて一緒にフランスのパリを訪問。ウィリアム王子の母であるダイアナ妃がパリで亡くなったことを受け、その追悼に訪れる可能性もあるということです。(18日04:26)