苦しい政権運営が続くアメリカのトランプ大統領は16日、連邦議会の下院議員との懇談で、先週末の安倍総理大臣とのゴルフについて「楽しかったし、総理はグレートな男だ」と発言し、蜜月ぶりを改めてアピールしました。
 「楽しかったよ。総理は非常にうまかったし、グレートな男だ。あなたも気が合うだろう。私は彼が大好きだ」(トランプ大統領)

 トランプ大統領は、今週末から訪日する議員に「下院のロゴが入ったボールをもって行くので、総理がいくつボールを失くしたか教えてほしい」と頼まれ、総理はゴルフが上手だったと述べたうえでこのように語りました。そのうえで、同じくゴルフ好きで知られたオバマ前大統領が仲間内でしかプレイをしなかったことを批判し、こう強調しました。

 「総理とはすっかり意気投合したよ。素晴らしいやつだね。国のことを愛していて、一日中、夜まで一緒に過ごしたんだ」(トランプ大統領)

 側近の辞任や閣僚候補の指名辞退という打撃に加え、それを「ニセニュースのせいだ」と責任転嫁したことで批判を呼ぶなか、ゴルフ外交の成果を懸命にアピールした形です。(17日16:01)