火山の研究者などで構成される火山噴火予知連絡会は、先月に噴火した草津白根山の本白根山の火山活動について、「当面は、前回と同様の噴火が発生する可能性は否定できない」とする評価結果を発表しました。
 火山噴火予知連絡会は14日、気象庁で会合を開き、全国の主な火山の活動について評価を行いました。

 このうち、先月23日に水蒸気噴火したとみられる草津白根山の本白根山の火山活動については、「現時点では、マグマを噴出する『マグマ噴火』に移る兆候は認められないが、当面は、1月23日と同様の噴火が発生する可能性は否定できない」との評価結果を発表しました。また、噴火に伴い、大きな噴石が飛んでくるおそれがあるとして、引き続き警戒が必要だとしています。

 予知連絡会はこのほか、有史以来噴火のなかった本白根山で噴火が発生したことを重くみて、全国に50ある「常時観測火山」を対象に、過去に噴火した痕跡を詳しく調査するほか、今後の観測のあり方などについて検討を始めることなどを決めました。(15日02:42)