※動画配信は終了しました。
 3月に大統領選挙を控えるロシアで、野党側の呼びかけから投票をボイコットするよう訴えるデモがロシア全土で行われました。
 「こんなのは選挙じゃない!」(デモの参加者)

 ロシアの大統領選挙への立候補を認められなかった野党指導者のナワリヌイ氏が選挙の正当性に疑問を投げかけ、投票のボイコットを訴えるデモを呼びかけました。タス通信によりますと、ロシア全土でおよそ5000人が参加したということです。デモに向かっていたナワリヌイ氏は、無許可のデモを主導したとして、モスクワ市内で一時拘束されました。

 「去年の反政府デモと比べたら、人の出が圧倒的に少なくなってきています」(記者)

 去年はモスクワだけでも1万人規模のデモが発生していましたが、プーチン政権の反政府勢力への締め付けが強くなる一方、大統領選への立候補の道が閉ざされたナワリヌイ氏自身の影響力の低下も見られます。

 大統領選をめぐっては、対抗馬の立候補が封じられ、プーチン大統領の再選が確実視されています。(29日10:34)