7日夕方、奈良県生駒市で小学2年の女の子を包丁で刺したとして、41歳のパート従業員の女が殺人未遂の疑いで逮捕されました。警察の取り調べに対し、女は「刺したことは間違いない」と容疑を認めています。
 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された奈良県生駒市のパート従業員、千阪利恵容疑者(41)は、7日午後4時すぎ、自宅で近くに住む小学2年の8歳の女の子を包丁で刺した疑いが持たれています。

 女性の声で「子どもがけがをしています。早く来てあげてください」と119番通報があり、駆けつけた警察官が現行犯逮捕しました。

 刺された女の子は千阪容疑者の息子の同級生で、当時は千阪容疑者とその息子、女の子の3人がいたということです。

 「(千阪容疑者は)最近、ここ1か月くらい前に、あの家に引っ越して来たところ」「あいさつとかもなく」(近所の人)

 「子どもは小学校3年か4年の子と、その下の子がおると聞いたけど、『ただいま』という声もないし」(近所の人)

 女の子は複数箇所を刺されていましたが、病院へ搬送される際には意識があったということです。

 千阪容疑者は調べに対し「刺したことは間違いない」と容疑を認めていて、警察は8日、現場検証を行うとともに、千阪容疑者の息子と女の子との間に何らかのトラブルがなかったかなど、本格的に取り調べを行う方針です。(08日04:04)