宅配最大手の「ヤマト運輸」が年末の忙しい時期に向けた人手を確保するため、時給2000円を提示してアルバイトのドライバーの募集を始めました。
 ヤマト運輸によりますと対象となるのはドライバーが不足しやすい神奈川県や愛知県の一部の地域で、12月末までに募集するアルバイトのドライバーに対し、去年より500円高い2000円の時給を支払います。インターネット通販が急増する中、12月はクリスマスやお歳暮が重なり荷物が急増するため、深刻なドライバー不足が懸念されています。

 物流業界では去年の年末にヤマト運輸や佐川急便などの宅配各社で宅配の遅延が相次いでいて、ヤマト運輸は高額な時給を提示することでドライバーの獲得につなげたい考えです。(15日12:34)