今年9月、東京・中央区のマンションで帰宅途中の20代の女性にわいせつな行為をし、けがをさせたとして、警視庁は容疑者の男の映像を公開しました。
 マンションのエントランス。ピンク色のシャツを着た男がポストの前で声をかけた相手は自宅に帰ろうとしていた20代の女性です。女性は離れようとしますが、男は強引に腕をつかみます。

 この映像は今年9月、東京・中央区のマンションの防犯カメラが捉えたもので、このあと男は女性が転倒したところを襲って体を触るなどわいせつな行為をした疑いがもたれています。女性は腕に打撲など全治2週間のけがをしました。

 男は30代後半くらい、身長170から180センチほどだということで、警視庁は強制わいせつ傷害事件として行方を追っています。(15日13:45)