神奈川県・座間市で9人の遺体が見つかった事件で、逮捕された男が「失踪方法」に関するインターネットサイトを調べていたことがわかりました。
 逮捕された白石隆浩容疑者(27)について、その後の警視庁への取材で、白石容疑者がスマートフォンで「失踪方法」に関するインターネットサイトを調べていたことがわかりました。

 このサイトには家族が行方不明届けを出さないような書き置きの残し方などが載っているということで、最初に殺害されたとみられる厚木市の三浦瑞季さん(21)は今年8月、「何かあれば戻ってきます」などと書いたメモを自宅に残して行方がわからなくなっていました。警視庁は白石容疑者がこうしたサイトを参考に被害者に指示をしていたとみて調べています。(15日11:29)