深刻な経営難に陥っている東芝は、テレビ事業を中国の大手電機メーカー「ハイセンスグループ」におよそ129億円で売却すると発表しました。
 東芝は赤字が続くテレビ事業を手がける子会社「東芝映像ソリューション」の株式の95%を、中国の大手電機メーカー「ハイセンスグループ」に売却します。売却額はおよそ129億円です。売却した後も、東芝の「レグザ」ブランドは続けて使用されます。

 債務超過に陥っている東芝は資産や事業を売却し、財務基盤の改善を進めています。買収する中国のハイセンスは世界第3位のテレビメーカーで、去年、経営難に陥ったシャープから「アクオス」などのブランドの使用権を買い取るなど、テレビ事業の拡大を進めています。(14日17:40)