核・ミサイル開発をめぐる米朝の威嚇の応酬がエスカレートするなか、トランプ大統領は11日、「アメリカの領土や同盟国を攻撃したら、本当に後悔する」と北朝鮮側に強く警告しました。
 「金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が脅迫を一言でも発したら、あるいはグアム島やアメリカの領土、同盟国に何かしたら本当に、そして、すぐに後悔することになる」(アメリカ トランプ大統領)

 トランプ大統領はさらに金党委員長を念頭に「この男のしていることは許されないことだ」として、強い調子で、改めて北朝鮮側に警告を発しました。

 アメリカ軍は、朝鮮半島有事に即応できる態勢を常に維持していますが、エスカレートする威嚇の応酬について中国外務省は11日、「当面の朝鮮半島情勢は複雑で敏感だ」「威嚇しあい、情勢をエスカレートさせる道を歩まないようにしなければならない」とする報道官の談話を出して、アメリカ、北朝鮮双方に自制を求めました。

 また、ドイツのメルケル首相も双方が過激な発言を繰り返していることは「正しい方法ではない」と自制を求めた上で、「軍事的解決はありえない」と武力行使にも反対する考えを示しています。(12日05:24)