アメリカのトランプ大統領が生まれ育ったニューヨークの家が、1泊およそ8万円で一般に貸し出されることになりました。
 「ニューヨークの閑静な住宅地にあるこちらの家、トランプ大統領が4歳まで暮らしたという家です。星条旗も掲げられています。寝室は5つあるということで、丸ごと1軒、1泊8万円で貸し出されるということです」(記者)

 この家は1940年に建てられたもので、内装の一部などは、トランプ大統領が暮らしていた当時のまま、残されているとされます。

 今年3月のオークションで、大統領就任前の1.5倍の価格の214万ドル、およそ2億3500万円で落札されていました。現在、この家が宿泊先の予約サイトに登録されており、1泊725ドル、およそ8万円で一般への貸し出しの予約を受け付けています。

 「(貸し出しは)知らなかったよ。うちの家はどうだい?ちょうど向かいだよ」(近所の人)

 「(貸し出しではなく)いつもここに住んでくれる人の方がいいわよね」(近所の人)
 Q.1日725ドルであの家を借りたいですか?
 「あの家に泊まるのは絶対に嫌だわ」(近所の人)

 サイトの説明などによりますと、この家には20人が宿泊でき、イベントの開催やペットは禁止されています。また、居間にはトランプ大統領の大きな写真も立っています。サイトの説明では、貸し出しについて「トランプ大統領やホワイトハウスとは一切関係ない」としています。(11日14:03)