※動画配信は終了しました。
 北朝鮮の警告に対して、アメリカのトランプ大統領は「アメリカの核戦力は過去最強だ」とけん制しました。米朝の間でエスカレートする威嚇の応酬にアメリカ国内でも懸念の声が高まっています。
 トランプ大統領は9日、ツイッターで「大統領としての最初の指示は核軍備の刷新と近代化で、今や過去最強になった」とアピールしました。そのうえで、「この力を使わずにいられることが望ましいが、アメリカが世界最強の国でなくなることは絶対にない」と強調し、北朝鮮を強くけん制しました。

 また、マティス国防長官も「体制の終わりや人民の滅亡につながる行動をやめるべきだ」と警告する声明を発表しています。

 しかし、トランプ氏の発言をめぐっては、野党・民主党のみならず、与党・共和党の一部からも「北朝鮮を刺激するだけで慎重さを欠いている」と懸念の声が上がっています。

 「トランプ大統領は金正恩が理解できる言葉を使って強いメッセージを送っている。アメリカが自国と同盟国を防衛する十分な力があることを明確に伝えたかっただけだ」(アメリカ ティラーソン国務長官)

 ティラーソン国務長官は、中国やロシアによる北朝鮮の説得を期待しているとも語りました。(10日11:08)