※動画配信は終了しました。
 東京の豊洲市場で、親子を対象とした見学会が初めて開かれました。
 「いまだ移転計画は不透明な豊洲市場ですが、きょうは親子の見学会が開かれています」(記者)

 東京都が開催したのは、都内在住の親子を対象とした見学会で、応募者の中から選ばれたおよそ40人が1時間半かけてマグロのせり場などの水産卸売場を見て回った後、市場内で広く利用されている「ターレー」と呼ばれる運搬車の上で記念撮影しました。

 「匂いもいいし、景色もいいし、良かった」(見学会の参加者)
 「(豊洲市場が)汚いのかなと思っていたけど、綺麗でいつ移転してもいいと思った」(見学会の参加者)

 東京都は、来年春から秋までに築地市場から豊洲市場への移転を目指していますが、築地の市場関係者は、都に豊洲の風評被害の払拭を求めていて、担当者は「ありのままの豊洲を親子に見てもらうことで今後も払拭に努めたい」と話しています。(09日13:42)