エストニアのテクノロジー会社が、リゾート地の客に冷えた飲み物を短時間で運ぶサービスに、ドローンの活用を計画している。
 エストニア南部のリゾート地ビリャンディで行われた2週間にわたるテストでは、湖の片方にいる客がSMSでドリンクを注文。湖の反対側で注文を受けると、ドリンクが用意されてドローンにセットされ、5分以内に届けられるという迅速サービスが実証された。
 このサービスが実用化されるには、無人の物品配送を規制する欧州連盟(EU)の法整備が必要になる。

(エストニア、ビリャンディ、8月1日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)