欧米や豪州、ニュージーランドの男性の精子の数や濃度が、過去40年で50%以上と大幅に減少したとの研究結果が発表された。専門家からは環境の変化がこうした傾向に影響を及ぼす可能性を指摘する声が上がっている。