米スタンフォード大学の研究チームは、ツタのように伸びていくチューブ型ロボットを開発したと発表した。このロボットはツタや菌類、神経といった自然の生命体が育つ様子をまねることができるのだという。いったいどのような場面で使われるのだろうか。