イスラエルによる入植政策に反対する抗議活動中、兵士に暴行を働いたとしてパレスチナ人の16歳少女が身柄を拘束され、裁判にかけられることとなった。パレスチナ人の間では少女を「現代のジャンヌ・ダルク」として、英雄視する見方が広がっている。