米食品医薬品局(FDA)は13日、大塚製薬の抗精神病薬「エビリファイ」に極小センサーを組み込んだ「デジタル錠剤」を承認したと発表した。患者が正しく薬を服用したか、医師などがインターネットを通じて管理できるという。服薬管理システムを備えた医薬品が米国で承認されるのは初めて。