【新唐人2016年6月1日】

中国の人権問題です。チベットの精神的指導者ダライ・ラマが、先日、中国に大きな変化が起きているとドイツのメディアに話しました。その変化は数十万人の中国人留学生と関係があり、彼らはヨーロッパ、アメリカ、日本、オーストラリア、インドなどの国で留学し、そこで自由と民主主義を認識できることで、中国共産党は再び以前の閉鎖社会にすることができないと、ダライ・ラマは話しました。もし、条件が合えば、もう一度、中国を短期訪問する意も示しました。

新唐人テレビがお伝えしました。

(翻訳/顧 映像編集/李)