女優の菜々緒さんが最もジュエリーが似合う著名人に贈られる「第29回日本ジュエリーベストドレッサー賞」に選ばれ、東京都内で1月25日に行われた表彰式に出席。プライベートでは男性から指輪をもらうことが多いという菜々緒さんだが「(恋愛が)終わっちゃうと私は結構、返しちゃうので手元に残ってない」と告白。すかさず「手元に残るジュエリーがほしい」と“結婚願望”を明かしたが「予定は?」との質問には、「ないです」と残念そうな表情を見せた。

 菜々緒さんは20代部門での受賞で「20代、最後の年なんですけど、あせらず自分のペースで頑張らせていただければ。自分自身、ダイヤや宝石に負けないくらい頑張りたいです」と力を込めていた。

 同賞は、ジュエリーが似合う著名人を世代別に表彰するもので、今回で29回目。10代はモデルでタレントの岡田結実さん、30代は女優の上戸彩さん、40代は遼河はるひさん、50代は浅野ゆう子さん、60代以上は大竹しのぶさんが受賞し、男性部門は俳優の福士蒼汰さんが受賞。特別賞は、女性部門で女優の浅丘ルリ子さん、男性部門でプロボクシングWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太選手が選出された。