俳優の斎藤工さんが16日、東京都内で行われた映画「パディントン2」(ポール・キング監督、19日公開)のジャパンプレミアに、英俳優のヒュー・グラントさん、ヒュー・ボネビルさんらと登場した。

 今回、グラントさんは約8年ぶり7度目の来日。イベントでは、斎藤さんが「今、ドラマ(木村拓哉さん主演の「BG~身辺警護人~」)で身辺警護(役)をやっているんですけど、たまたま今回のヒューさんの警護が、僕の高校の同級生で……」と明かして、会場を驚かせた。斎藤さんは「この後、僕もヒューさんの警護をしたい気持ちです」と話すと、グラントさんは「ぜひお願いします。今日は、部屋の外で寝てください」とユーモアたっぷりに返していた。

 「パディントン」シリーズは、40カ国語以上に翻訳され、世界で3500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説が原作。赤い帽子とダッフルコートがトレードマークの“英国紳士”のクマのパディントンが、ロンドンで冒険を繰り広げる……という物語。

 続編「パディントン2」は、ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日を祝う“完璧なプレゼント”に最適なユニークな飛び出す絵本を見つけると、その絵本を買うためさまざまなアルバイトを始める。しかし、その絵本が盗まれてしまい……というストーリー。日本語吹き替え版は松坂桃李さん、古田新太さん、三戸なつめさん、斎藤さんらが声優を担当。

 この日のイベントには、三戸さんも出席した。