女優でフィギュアスケーターの本田望結(みゆ)さんが1月4日、妹の紗来(さら)ちゃんと東京スカイツリータウン(東京都墨田区)で開かれた「本田望結・紗来スペシャルスケーティングプログラム」に登場した。望結さんは、劇場版アニメ「アラジン」の曲「A Whole New World」をバックに、自身が考えた振り付けと衣装で4分間の演技を披露した。

 この日のために1カ月前から練習したといい、今年も2日から始動していたという。公の場での“滑り初め”について望結さんは「衣装は妹からも提案してくれたのがうれしい」と振り返った。

 イベントは、東京スカイツリータウンの4階「スカイアリーナ」で同日オープンのアイススケートリンク「TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK 2018」のために開かれた。3月11日まで営業。大人1600円、子供900円。