俳優の佐藤健さんと女優の土屋太鳳さんが25日、東京都内で開かれたダブル主演映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(瀬々敬久監督)の大ヒット舞台あいさつに登場。舞台あいさつでは、土屋さんが佐藤さんのために自らつづってきたという手紙を数分間にわたって読み上げ、佐藤さんを絶賛。佐藤さんは「いやあ、恥ずかしいの10乗。うまくリアクションが取れないのですが、ビックリしました」と照れていた。

 映画は、岡山県在住の中原尚志さんと麻衣さん夫妻がモデルとなった実話を書籍化した「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)が原作。尚志(佐藤さん)と結婚を約束した麻衣(土屋さん)が、結婚式の3カ月前、原因不明の病気に襲われる。意識不明となった麻衣さんは数年後、意識を取り戻すが……というストーリー。