女優の土屋太鳳さんが11月29日、東京都内で行われたロッテ「キシリトールガム」発売20周年プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう!未来に向かって!-」の「ショートムービー みらい舞踊『竹取物語2017』」発表会に出席。同プロジェクトの一環で、「竹取物語」をテーマにしたショートムービーに“かぐや姫”役で出演した土屋さんは、この日、同ムービーと同じ現代風にアレンジされた“かぐや姫”姿で登場した。

 ロッテは、「キシリトールガム」が来年発売20周年を迎えることを記念したプロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう!未来に向かって!-」を展開しており、その一環として、幼いころから日本舞踊に親しんでいる土屋さんとダンサーのISSEIさんが共に“世界に一つだけの新しい舞”に挑戦したショートムービー「みらい舞踊『竹取物語2017』」を製作。29日から公式サイトで公開。

 カラフルな着物のような衣装で登場した土屋さんは、今回の“かぐや姫”役に「本当に幸せ。小さいころからかぐや姫の物語が好きだったので、こういうふうに新しい『みらい舞踊』として、好きな物語、古くから受け継がれているロマンチックな物語の中で生きることができてうれしいな」と喜んだ。

 劇中での踊りは日本舞踊とブレークダンスを融合させたものといい、土屋さんは「いろいろなジャンルを融合するのはすごく試行錯誤がいったんですが、ISSEIさんからたくさん刺激をいただいて攻めの姿勢で挑戦することができたなと。日本舞踊を生かすことができてとてもうれしい」と笑顔。10年以上前にダンスを習っていた先生が今回の踊りの振り付けを担当したといい、「本当に感動した。うれしかったですね」と振り返った。

 同ムービーは土屋さん扮(ふん)するかぐや姫が登場するところからスタート。竹から生まれたかぐや姫を育てる翁(おきな)と媼(おうな)の元にISSEIさん扮する帝が現れ、かぐや姫に対し、帝が自ら求愛のダンスを踊る……という内容。この日はISSEIさんも登場した。