改造車の祭典「東京オートサロン2018」が12日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開幕した。36回目の開催で、規模は過去最大。国内外の422社が出展し、880台のカスタムカーなどが披露された。  トヨタ自動車は、FIA世界耐久選手権に参戦しているレーシングカーとほぼ同じ部品のコンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」とそのテスト車を世界で初めて公開。日産自動車はスポーツ車の新ブランド「オーテック」のラインアップをお披露目した。  会期は、1月14日まで。