スズキは25日、1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した新型車「XBEE(クロスビー)」を東京都内で発表した。スポーツ用多目的車(SUV)とワゴンを融合した新たなジャンルの小型乗用車。バック時のブレーキサポート機能など、同社の小型車で初となる各種の安全技術も装備した。  高い悪路走破性と広い室内空間を兼ね備えたクロスビー。フォルムは、力強さと愛着のあるデザインに仕上げられた。アウトドア用品など大きな機材も積み込める荷室は、汚れを落としやすい素材を使用(ハイブリッドMZ)。後席は荷室側から前に倒すことができなるど、利便性も高めた。  自然吸気1.5リッター並みのパワーを発揮するクロスビーのエンジンは、簡易ハイブリッドシステムを搭載し、出力と環境性能を両立。前輪駆動車でガソリン1リットル当たりの走行距離は22キロを実現した。トランスミッションは6速ATで、スポーティーなドライブが楽しめるパドルシフトも備える。  安全装備も充実。後退時の衝突被害軽減ブレーキ機能をはじめ、車両の周囲を360度にわたり確認できる全方位モニター、自動でヘッドランプを消灯するシステムをスズキの小型車で初めて採用した。  価格は176万5800〜214万5960円(消費税込み)。月間の目標販売台数は2000台。