東銀座駅から徒歩3分、メニューは“ビーフヘレカツサンド”ただ一つ『新世界グリル 梵』。
本店は大阪にありますが、なんと創業70年にもなる老舗なのです。
歌舞伎座の近くということもあって、歌舞伎役者さんも御用達。

カウンターのみの店内は昔ながらの風情ただよう空間で、どこか懐かしさを感じます。
お昼や仕事帰りにもサクッと立ち寄りたい日にはピッタリですね。

カウンター前にはたくさんのトースターが並べられています。
なんと多い日では1日200食も売れるのだそう!

■その秘密はソースにあった。70年以上伝統の味を守り続ける「ビーフヘレカツサンド」

こちらが『新世界グリル梵』のただ一つのメニュー「ビーフヘレカツサンド/ハーフ」(1,050円)。
ランチタイム(11:00〜15:00)はサラダとドリンクもセットになります。

見た目は小ぶりなので少ないかなと思いきや、一つひとつが肉厚なので食べごたえも満足感も抜群。