人気メニューの「特製バラそば塩(980円)」。「黒バラ海苔」という韓国のりに近いクラッシュした海苔、細メンマ、水にさらして辛味を抜いたシャキシャキのネギ、そしてたっぷりの大判豚バラチャーシューという具材の構成で提供されます。

卵は、トッピングとして注文した場合は味玉ですが、「特製バラそば塩(または醤油)」を注文したときだけ卵黄になるのは一つの注目ポイント。しかしそちらを詳細する前に、まずは周りから攻略していきましょう。

■透き通ったあっさり味の塩豚骨スープは丁寧な仕事の賜物

豚骨を主材料にしたスープは、濁らないよう火加減に注意してじっくり炊き上げ、旨味だけを抽出。豚骨らしい味わいながらも、後に豚の臭みが残らない、さっぱりしたスープに仕上がっています。

■チャーシュー専用の特注釜で焼いた、こだわりのバラ肉
『バラそば屋』の「バラ」は、チャーシューに使っているバラ肉の「バラ」。大判で、麺の上にたっぷり載っています。
もちろん、味にもこだわりが。最初にチャーシュー専用の特注釜でじっくり焼いて旨味を閉じ込めた後、秘伝の醤油ダレに漬け込んで味つけ。噛むほどに旨味が溢れます。