歯磨き 正しい歯磨きの仕方

みなさん、歯磨きは正しいやり方で行えていますでしょうか?毎日する歯磨きですが、普段あまり歯磨きのやり方は気にせず、自己流でやっている方も多いかと思います。ですがその歯磨きの仕方、実は逆に歯を傷つけてしまっている可能性が…!正しい歯磨きを学んで、大切な歯を守りましょう。

■歯磨き 歯ブラシの準備
歯ブラシは1カ月に1本交換しましょう。毛先が広がった状態が交換目安です。
歯ブラシは水に濡らさずに使用しましょう。
  ※歯ブラシを濡らすのはNGです。水に濡らすと歯磨き剤がよく泡立ちます。そうすると歯磨き剤の配合成分も歯に作用する前に一緒に流れてしまいますので気をつけましょう。
ヘッド部1/3~1/4ぐらいの歯磨き粉を使いましょう。
  ※歯磨き粉をたっぷり使うと磨き残しの原因や研磨剤のせいで歯を傷つけてしまいます。歯磨き粉は少量を使いましょう。

■歯磨き 歯の磨き方
歯に対して直角、または45度の角度でブラシを当てて磨きましょう。
※ごしごしと力強く磨くのはNGです。過剰なブラッシングは歯のエナメル質を傷つけてしまいます。

■歯磨き すすぎ方
うがいは少量の水で1回すすぎましょう。
※歯磨きの後に口をしっかり何度もゆすいでしまうと歯磨き剤に含まれる有効成分を洗い流してしまいます。すすぎすぎないようにしましょう。

詳しい磨き方は、こちらをチェック♪

最後に
正しい歯磨きの仕方を学んで実行すれば、歯の健康も守られますよ。歯は大事なものですので、しっかりお手入れをして気遣いましょう。