あなたの「煮詰まる」の使い方あってる?

「レポートまとめてるんだけど、煮詰まってきたから気分転換に休憩してくるね。」などと、「行き詰まる」という意味で使ってはいませんか?
「煮詰まる」は「考え事など、進行中の内容がすすまなくなってしまう」ことではないのです。

■意外と間違えやすい身近な日本語「煮詰まる」の本当の意味とは?
「煮詰まる」とは、「答え・結論が出る直前の状態。出口が見えて来た嬉しい状況」のことをいうのです。
十分な議論の結果、ほぼ結論が出た状態にあることを「煮詰まったね」などと表現するのが正しい使い方なのです。

詳しい内容は、こちらをチェック♪

最後に
いかがでしたか?
ある調査によると「煮詰まる」を「行き詰まった」という意味で解釈している方が半数近くいることがわかったそうです。
「煮詰まる」は元々料理で使う言葉で、煮汁がほとんどなくなるまで煮込まれた=完成の状態であることをイメージすると、「煮詰まる」を正しく使えるかもしれません。

今回の記事で紹介した動画では「煮詰まる」について声真似マコチンが解説しています。
声マネは「ドラゴンボールのセル」や「サザエさんのアナゴさん」でおなじみの若本規夫さんです。
ぜひ動画もご覧になってマコチンさんの声真似も楽しんでくださいね。