赤ちゃんの夜泣きに悩んでいるママたちへおすすめタッチセラピー

夜中に突然泣き出す赤ちゃんに悩んでいるママは多いですよね。抱っこしたり、ミルクを飲ませたりしてもなかなか泣きやまないということもあります。
そんな状況が毎日続いちゃうと、ママの方が泣きたくなっちゃいます。今回ご紹介する「赤ちゃんの夜泣きを緩和させる方法」はそんなママたちにもおすすめのタッチセラピーのひとつです。

赤ちゃんの夜泣きを緩和させる方法
赤ちゃんの夜泣き緩和の方法として、治療師は小児はりを使用しますが、家のスプーンでも出来るやり方を紹介します。

■赤ちゃんの夜泣きを緩和させる方法 小さなスプーンを使う
小児はりの代わりに、家庭では小さなスプーンを使います。

■赤ちゃんの夜泣きを緩和させる方法 温めたスプーンで背中をさする
赤ちゃんの背中を上から下に、温めたスプーンで10回程度、優しくさすりましょう。ママの手を添えて、優しくさすりましょう。

詳しい紹介は、こちらをチェック♪

最後に
いかがでしたか?この方法ならお家でも簡単に出来ますよね。
小児はりはタッチセラピーのひとつですので、夜泣きした時だけでなく、日頃から行うこともおすすめです。
夜泣きは、生後5か月くらいから1歳半くらいまでの赤ちゃんに多いですが、これは睡眠のリズムの発達過程で、浅い眠りのときに目が覚めてしまうことで泣き出すことが考えられます。
各方面のアンケート調査によると、子育て中のママの7割が夜泣きに悩んだ経験を持っているというデータもあるくらいです。
成長過程の一つなのでママの接し方は原因とは考えにくいのですが、出来ればかわいい赤ちゃんにぐっすり眠ってもらいたいですね。小児はりを使って自律神経に働きかけ、ママのやさしい笑顔で赤ちゃんも安心させてあげましょう。