ピアノを上手に弾けるようになりたい

ピアノは子どもの習い事ランキングで常に上位にあり、学校でも触れる機会が多い楽器です。
子どもと一緒に教室に通い始めたり、大好きな曲をピアノで弾きたいなど、きっかけは様々ですが、大人になってからピアノを弾き始めたという方も多いですね。

今回は、ピアノを弾きはじめたばかりの初心者がよくやる間違いと正しいポイントを紹介します。
まずは手のフォームを正しくしてから曲を練習すると上達しやすいですよ!

■初心者がやりがちな例

1.指を伸ばして弾こうとする。
2.手首の位置を下げすぎる。
3.1音1音、音を伸ばして弾く。

では、上達するためにはどうしたらいいのでしょう。ポイントは下記の3つです!

■上達するための3つのポイント

1.手の形は内側に卵が入るように丸く構える。
2.手首は下げすぎず、腕と同じ高さで。
3.次の音を引くタイミングで前の指を戻す。

詳しいポイントについては、記事をチェック♪

最後に
いかがでしたか?ピアノが上達するための3つのポイントをご紹介しました。
初心者の方はまず、楽器に触れてみて、演奏することの楽しさを知ることから始めましょう。
ご紹介したポイントを押さえて、ピアノを楽しんでくださいね。