【2月1日 AFP】シリアとの国境に近いトルコ南部の町レイハンル(Reyhanli)で1月31日、シリアから発射されたとみられるロケット弾により17歳の少女1人が死亡した。トルコ当局が発表した。トルコ軍は約2週間前から、同国と国境を接するアフリンを支配する民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」に対する軍事作戦を進めている。(c)AFP/AFPBB News