【1月6日 AFP】インドの首都ニューデリー(New Delhi)近郊のグルグラム(Gurugram)に、「南アジア初」をうたう犬専用高級ホテル「クリッテラティ(Critterati)」が誕生した。スイートルームの料金は最高1泊70ドル(約7900円)で、「わが子」のために金に糸目をつけない飼い主たちをターゲットにしている。

 インドでは経済成長に伴い、ペットを飼う人が増えている。家庭で飼育されている犬の数は2002年の200万頭から、2016年は1500万頭に急増。2021年には2600万頭になると予測されている。

 クリッテラティの最高級スイートには、ベルベットのヘッドボードが付いた巨大ベッドやテレビが設置され、犬用の出入り口の先にはバルコニーもある。

 ホテルにはプールやアーユルベーダのオイルマッサージを受けられるスパがあるほか、24時間対応の獣医師も常駐している。手術室を備えた医療施設も現在建設中だ。

 ドッグカフェではライスにチキン、マフィン、パンケーキやベーコンとバニラ味が人気のアイスクリーム、さらにはベルギー産の犬用ノンアルコールビールも提供している。

 ホテルのオーナーで最高経営責任者(CEO)のディーパク・チャウラ(Deepak Chawla)氏は、ゲストのペットたちは最高のサービスを受けるに値すると言う。「動物は人間よりも忠実だ。彼らは私たちのために何でもするのだから、それを受けるにふさわしい」 (c)AFP/AFPBB News