【9月8日 AFP】米国と韓国の両政府は7日、北朝鮮の脅威に対抗するための措置として、韓国南部・慶尚北(North Gyeongsang)道星州(Seongju)郡で最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備を完了した。配備に反対する地元住民やデモ隊と機動隊が衝突する様子もみられた。中国政府も抗議を表明している。(c)AFP/AFPBB News