【8月12日 AFP】干ばつと山火事に見舞われているイタリア北部ロンバルディア(Lombardy)州で11日、ボランティアの消防団員が放火容疑で逮捕された。

 逮捕されたのは28歳の男。生け垣やごみ箱に放火している様子が防犯カメラに映っていた。男は消防団の詰め所に戻って火事を知らせ、同僚らと一緒に駆け付けて消火に当たっていた。警察によると、男には2014年以降、少なくとも7件の放火容疑がかけられている。

 これとは別にイタリア南部シチリア(Sicily)では7日、ボランティアの消防団員15人が報酬ほしさに放火した疑いで逮捕・拘束されていた。

 消防士労組CONAPOの幹部は、財政削減で消防士が必要数を3500人も下回っているためボランティアの消防団員に頼らざるを得ないケースも出てくると指摘し、ボランティア採用時の心理テストの厳格化が必要だと述べた。防犯カメラの映像は、3月28日に撮影されたもの。(c)AFP/AFPBB News