はじめに

アウトドアブランド「スノーピーク」と、新潟を代表する「朝日酒造」がコラボレーションして作られた「久保田 雪峰」から、春を楽しむお酒「爽醸 久保田 雪峰(そうじょう くぼた せっぽう)」が登場。2019年3月7日(木)から発売となります。お花見にアウトドアに、特別なおでかけに連れていきたい、こだわりの日本酒です。 「久保田 雪峰」とは

「久保田 雪峰」とは

アウトドアメーカーのスノーピークから日本酒……? と思う方もいるかもしれませんが、久保田で有名な「朝日酒造」も、スノーピークも、実は新潟発祥のブランド。自然との共存をするアウトドアと、自然の恵みから作り出す日本酒ということで「自然を慈しんで、愛でる」という共通点も。そんな両社が自然の四季を楽しみ、仲間と日本酒を酌み交わす、“アウトドアで日本酒を楽しむ“ためにつくったのが「久保田 雪峰」です。
この春登場の「爽醸 久保田 雪峰」

この春登場の「爽醸 久保田 雪峰」

2017年に発売された「久保田 雪峰 」ですが、今年3月7日に新商品「爽醸 久保田 雪峰」が登場します。

「爽醸 久保田 雪峰」は春を楽しむために作られたお酒で、原料米を厳選して厳しい冬の寒造りによる低温発酵と氷温貯蔵により、爽やかな香味が特徴的。香りはマスカットやマスクメロンのようにフレッシュで爽快でありながら、味は甘みと酸味のなかにほんのりと米の旨味が広がる飲みごたえのある日本酒です。
春のおでかけやお花見にぴったり

春のおでかけやお花見にぴったり

アウトドアで日本酒を楽しむ、となれは、これからの季節お花見で飲むのにもぴったり。10℃から15℃の花冷えではお酒の持つキレが感じられ、常温では華開く香りが感じられるので、その日の気分によって飲み方を変えて楽しんでみてください。

春のほろ苦さを感じられる山菜の天ぷらや、ぴりっとハーブの効いたグリルハーブチキンなど、料理との相性も抜群。春をイメージした純白さと、爽やかで軽やかな味わいを表現した細身のボトルはそのまま持って行っても絵になるうえ、注ぐときの手触りにもこだわりがあるのでお花見の時の手土産にすれば喜ばれます。

スノーピークと朝日酒造

ものづくりの街として知られる新潟県三条市創業のアウトドアメーカーの「スノーピーク」は「自らもユーザーである」という創業時の理念を貫き、厳しい自然の中での検証で裏打ちしたハイスペックで独創的な商品を生み出しています。「朝日酒造」は同じく新潟県長岡市に位置し、新潟県の米と水を使った「朝日山」や「久保田」「越州」などは全国的にも人気のある日本酒です。

お花見はもちろん、美味しいお酒を飲むためにちょっと遠出してみる、そんな旅のスタイルを実現させてくれる、特別な日本酒をぜひ味わってみてください。

「久保田 雪峰」の詳細はこちら

おわりに

春を楽しむためのお酒「爽醸 久保田 雪峰」は、お花見にぴったりのお酒です。アウトドアで日本酒を嗜む、自然に触れ合うことのできる春が待ち遠しいですね。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「スノーピークから日本酒!? 酒造とコラボした“アウトドア向け日本酒”今春販売