はじめに

近鉄では、沿線の2大都市である大阪と名古屋間を運行する次世代の特急として、「新型名阪特急」を新造することを決定しました。快適さを追求した車両が、2020年春にデビューします。 「くつろぎのアップグレード」がテーマ

「くつろぎのアップグレード」がテーマ

大阪と名古屋間を運行する新型名阪特急は、「くつろぎのアップグレード」をテーマに、日本初となる全席バックシェルを備え、座席の前後幅を広く確保するなど、車内の居住性を従来から大幅にグレードアップし、名阪間のビジネス、観光、お出かけなど多様な用途のゲストに快適な移動空間を提供します。

本特急は6両8編成、8両3編成の合計72両を製造し、順次名阪特急に投入する予定です。 外観デザインは先進的でスピード感あふれる形状で、カラーリングは透明感のある深い赤を採用しています。 ハイグレード車両

ハイグレード車両

先頭車両(ハイグレード車両)は、全席3列シートで、後部座席の乗客にも気兼ねなくリクライニングできるバックシェルを設置。大きなガラスで見晴らしの良いハイデッカー構造で、前面の大きなガラスで左右に広がる印象の前方展望を実現しています。 本革を使用した座席には、電動リクライニング、電動レッグレスト、高さ・角度調整機能付きヘッドレストを完備。横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションも設置されています。 中間車両(レギュラー車両)にも全席にバックシェルを設置。ガラス製の荷棚と仕切扉を用いた開放感のある車内を予定しています。

その他、座席以外でくつろげるユーティリティスペースを設置し、全車に空気清浄機を設置。全席にコンセント、無料Wi-Fiを設置しているので、ビジネスでも観光でも快適に利用できそうです。



情報提供元:旅色プラス
記事名:「外観は透明感のある深い赤!新型名阪特急2020年春デビュー