はじめに

まったりと家で好きなお酒を飲むひと時、欠かせないのがおいしいおつまみですよね。今回は、家飲みにぴったりの、秋の食材を使ったおつまみのお取り寄せを3つご紹介します。 おつまみ倶楽部

おつまみ倶楽部

おつまみの定番といえば、あられや炒り豆などの食べやすいスナックです。手軽につまめるので、お気に入りの映画を見ながら、本を読みながら、といった「ながら食べ」がとまりません。家でのんびり過ごすときに欠かせませんね。

そんな食べやすいコンパクトなスナックを集めたのが「ささら屋」の「おつまみ倶楽部」。「ささら屋」は富山県や北陸を中心に全国に店舗を持つ、おかきのお店です。富山米を100%使った、原料にこだわったおかきやあられ、せんべいなどが揃っています。

「おつまみ倶楽部」は、七味のきいたピリ辛のあられに、小魚や焼き昆布、炒り豆、エビなどがセットになっています。お菓子感覚でおいしく食べられるのに、昆布や小魚など栄養満点なので罪悪感なく食べられるのが魅力です!

おつまみ倶楽部

こいか

こいか

飲んべえにはたまらない、お酒と合わせて食べると止まらなくなるほど相性がいいのがイカのおつまみ。そこでおすすめしたいのが、広島で昭和48年から愛され続けている珍味のお店「株式会社オオニシ」の「こいか」です。

そのまま食べればぎゅっと凝縮したいかの旨味を堪能できます。甘辛く煮たり、つくだ煮にしたり、ご飯に載せてもまた違う美味しさを味わえます。長崎産、日本海産のイカを使っており、味付けは食塩のみの無添加。味わい深いうえに、余計なものは何も入っていないので安心していただけますよ。

こいか

海洋深層水入り塩けんぴ

海洋深層水入り塩けんぴ

甘党のお酒好きにおすすめしたいのが、「四万十郷 水車亭」の「海洋深層水入り塩けんぴ」です。「四万十郷 水車亭」は、高知土佐の四万十郷で昭和40年代から芋菓子や米菓子を作ってきた和菓子のお店。土佐の大地で育った、ビタミンやミネラル、繊維質が豊富な食材の風味を活かしたお菓子作りにこだわっています。

「芋けんぴ」「塩けんぴ」で有名な「四万十郷 水車亭」ですが、特に「塩けんぴ」は、水車亭が開発した全く新しい発想の「芋けんぴ」です。細切りにした国内産のサツマイモを、試行錯誤して突きとめた絶妙な温度と時間でフライにし、高知県室戸海洋深層水で作った蜜を薄くコーティングしています。塩気と甘みの絶妙なバランス、固すぎない“パリッ、サクサク”の食感で人気の逸品です。

海洋深層水入り塩けんぴ

おわりに

家飲みに欠かせないおつまみのお取り寄せを3つご紹介しました。こだわりのおつまみを全国からお取り寄せすれば、いつもの家飲みの時間がもっと豊かになりそうですね。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「家飲みに欠かせない! 秋の食材を使ったおつまみ3選