はじめに

いまや全国各地にある名物ラーメン。ラーメンの食べ歩きは全国どこに行っても新しい発見があるんです! 今回は、山形県でおすすめのラーメン店を3軒ご紹介します。 冷しらーめん発祥の店「栄屋本店」

冷しらーめん発祥の店「栄屋本店」

JR山形駅から徒歩15分ほどのところにある「栄屋本店」は、冷しらーめんの発祥のお店。創業は昭和7年という老舗で、今では山形の名物でもあり、夏の風物詩にもなっている冷しらーめんを開発しました。
あっさり系の中にもコクにあるスープと太麺が特徴で、約60年間変わらない味を提供し続けている、行列のできる名店です。
定番の「冷しらーめん」もいいですが、トマトやエビなど、夏にぴったりのトッピングがのった「冷し栄らーめん」もおすすめです。


◆栄屋本店
住所:山形県山形市本町2-3-21
電話番号:023-623-0766
営業時間:夏季11:30~20:00(L.O.19:50)、冬季11:30~19:30(L.O.19:20)
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)、1月・8月は不定休、正月・お盆は無休


[tabiiro-gadget]302953[/tabiiro-gadget] 「赤湯からみそラーメン」が人気の「龍上海赤湯本店」

「赤湯からみそラーメン」が人気の「龍上海赤湯本店」

1958年創業の「龍上海赤湯本店」。現在は3代目の店主がお店を切り盛りしています。看板メニューである「赤湯からみそラーメン」は、全国からわざわざ食べに訪れる人がいるほどの人気メニュー。赤湯産の唐辛子が入った「からみそ」が味の決め手で、濃厚な旨みのあるスープが引き立つ逸品です。製麺から一貫して自家製にこだわっていて、出前でも伸びない美味しい縮れ太麺も好評です。


◆龍上海赤湯本店
住所:山形県南陽市二色根6-18
電話番号:0238-43-2952
営業時間:11:30~19:00(L.O.18:30)
定休日:水曜


[tabiiro-gadget]305530[/tabiiro-gadget] こだわりの一杯が食べられる「中華そば河畔」

こだわりの一杯が食べられる「中華そば河畔」

「中華そば河畔」が提供しているラーメンは、昔ながらの中華そばです。2種類の小麦粉を独自にブレンドした自家製麺は、太さが基本の細麺、平麺と太麺、冷やし中華専用麺の4種類あるというこだわりよう。
げんこつと鶏ガラがベースのスープは、魚介、野菜も合わせて4時間煮込んで作られています。トッピングの三角形の薄焼き卵もどこか懐かしいクセになる味わい。
夏には冷やし中華もおすすめです。


◆中華そば河畔
住所:山形県鶴岡市湯温海甲162
電話番号:0235-43-3113
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:45)、20:00~翌1:00(L.O.24:45)※夜は金・土曜日のみ営業
定休日:火曜


[tabiiro-gadget]307184[/tabiiro-gadget]

おわりに

山形県には、名物の冷しラーメンや全国から人が訪れるラーメン店など、バラエティ豊かなラーメン店があります。お気に入りの一杯を見つけに、ラーメンを食べ歩く旅をしませんか?


情報提供元:旅色プラス
記事名:「冷しらーめんに昔ながらの中華そばまで!山形県のおすすめラーメン3選