はじめに

世界遺産や広島球場での野球観戦など魅力溢れる「広島」。しかし、広島の魅力はそれだけではありません。今回は、広島の魅力を再発見できるおすすめの観光ルートをご紹介します。 平和について改めて考えさせられるスポット「平和記念公園」

平和について改めて考えさせられるスポット「平和記念公園」

終戦を迎え、焼野原となった広島市。爆心地に近い中島町内に作られた公園が「広島記念公園」です。公園内には、有名な「広島平和記念資料館」や「原爆死没者慰霊碑」があり、毎日国内外問わず多くの人が訪れています。
原爆投下から約70年経ち、現在では広島市民の憩いの場であり、元安川や本川に囲まれた緑豊かな場所となりました。心癒される緑の中で改めて平和について深く考えてみましょう。


◆平和記念公園
住所:広島県広島市中区中島町1・大手町1-10
電話番号:082-247-6738(広島市観光案内所)
営業時間:入園自由
定休日:無休


[tabiiro-gadget]201711[/tabiiro-gadget] 広島のソウルフード「広島お好み焼き」が食べられる「お好み焼き・鉄板焼 ちんちくりん」

広島のソウルフード「広島お好み焼き」が食べられる「お好み焼き・鉄板焼 ちんちくりん」

広島のソウルフードと言えば、「広島風お好み焼き」ですよね。「お好み焼き・鉄板焼 ちんちくりん」の外はパリパリ、中はもっちりのお好み焼きは、特注で作った平打ち麺を使用しているからこそ生み出せる一品です。
提供しているメニューは、お好み焼きだけでなく、「牡蛎の昆布焼き」や「ホルモンのタレ焼き」などの鉄板焼きメニューも充実。広島県の一部の地域でしか食べることが出来なかった、伝統の味を再現しているお好み焼き「しょぶり焼き」もおすすめです。牛ミンチがたっぷりと入っているため、ビールと相性抜群です。


◆お好み焼き・鉄板焼 ちんちくりん
住所:広島県広島市中区大手町2-6-26
電話番号:082-247-8811
営業時間:11:30~14:00(L.O.14:00)、17:00~23:00(フードL.O.22:30)
定休日:火曜日


[tabiiro-gadget]302850[/tabiiro-gadget] 広島を代表する名庭園「縮景園」

広島を代表する名庭園「縮景園」

縮景園は、国の名勝のほか、日本の歴史公園100選にも指定されています。
こちらは、1620年に広島藩主・浅野長晟が別邸の庭園として造らせたもの。庭園に架けられた跨虹橋(ここうきょう)は、原爆の爆風にも耐えたほど強固なものとして知られています。

「縮景園」は四季を通じて様々な花が咲き乱れ、美しい景色の中を気ままに散策することができます。庭園内にはお土産や軽食を食べられる「泉水亭」もあり、心癒される庭園を見ながら抹茶と和菓子で休憩してみてはいかがでしょうか。


◆縮景園
住所:広島県広島市中区上幟町2-11
電話番号:082-221-3620
営業時間:4月1日~9月30日9:00~18:00、10月1日~翌3月31日 9:00~17:00 ※入園は閉園時間の30分前まで
定休日:12月29~31日
入園料:一般260円/高・大学生150円/小・中学生100円


[tabiiro-gadget]200448[/tabiiro-gadget] 観光の拠点におすすめの宿「ホテルセンチュリー21広島」

観光の拠点におすすめの宿「ホテルセンチュリー21広島」

JR広島駅南口から徒歩3分というアクセス至便な場所に建つ「ホテルセンチュリー21広島」。「ゆとりの設計」をコンセプトに、客室はスイートルーム4室、和室12室、60室の洋室があります。洋室は全部で6タイプあり、シングルルームもあるので一人旅の方でも気兼ねなく宿泊することができます。落ち着きのある空間で、思い思いの滞在ができるホテルです。


◆ホテルセンチュリー21広島
住所:広島県広島市南区的場町1-1-25
電話番号:082-263-3111


[tabiiro-gadget]101676[/tabiiro-gadget]

おわりに

広島グルメからちょっとした穴場的スポットまで、一日中楽しめる広島の旅行プランをご紹介しました。ふらりと広島を訪れて、新しい魅力を発見してみてはいかがでしょうか。


情報提供元:旅色プラス
記事名:「広島の魅力を再発見。次の休日にお試ししたい旅行プラン