はじめに

岡山県といえば、桃太郎にフルーツを連想する人もいるのでは? ですが、岡山観光の魅力はこれだけではありません! 今回は、岡山旅行で立ち寄りたいおすすめスポットをご紹介します。 4代続く魚屋さんが営む本格カフェ「café晴風船」

4代続く魚屋さんが営む本格カフェ「café晴風船」

岡山県の漁業の町である備前市日生町。4代続く地元の鮮魚店「鈴木鮮魚店」のオーナーが気軽に立ち寄れるカフェとしてオープンしたお店が「café晴風船」です。

鮮魚店で培った鮮魚を見極める確かな目と、大阪の割烹で10年修行した経験を活かし、本格的な和食を提供。特に日替わりランチは、その日仕入れた魚の中で一番良いものを使っているため、迷ったときはぜひ日替わりランチを。

また、注文を受けてから作り始めるパンケーキは、14時から18時までの時間限定で注文可能です。混雑時は提供されるまで1時間以上かかることもあるそうですが、その分、食べた時の感動はひとしお。多くの人々を魅了してきた魅惑のパンケーキ目当てに訪れるのもおすすめですよ。


◆café晴風船
住所:岡山県備前市日生町日生911
電話番号:0869-72-0102
営業時間:10:00~18:00 ※ランチ11:00~14:00、日10:00~15:00(ランチ営業のみ)
定休日:水曜日


[tabiiro-gadget]307427[/tabiiro-gadget] 老舗の醤油屋が営む「鷹取醤油 醤房 燕来庵」

老舗の醤油屋が営む「鷹取醤油 醤房 燕来庵」

1905年創業の老舗の醤油屋「鷹鳥醤油」。その直営店である「鷹取醤油 醤房 燕来庵(えんらいあん)」は、「食べる、楽しむ、学ぶ」ということをテーマに、蔵の隣の古民家を改装してオープンしました。

館内では鷹鳥醤油で作られたドレッシングや調味料の他に、全国にファンがいる醤油風味の「しょうゆソフト」や柚子の香りがフルーティーで美味しい「ポン酢ソフト」といった一風変わったソフトクリームを販売しています。老舗ならではのイベントを開催したり、好きな具材を選んでオリジナルドレッシングを作る体験も随時行っているので、見る、買う、だけではないテーマパークで、醤油の魅力を再発見できるはずです。


◆鷹取醤油 醤房 燕来庵
住所:岡山県備前市香登本887
電話番号:0869-66-9033
営業時間:平日9:00~18:00、土・日・祝10:00~18:00 ※冬季期間中は10:00~17:30
定休日:無休


[tabiiro-gadget]205241[/tabiiro-gadget] 岡山で泊まるならココ!①あぶと倉敷館

岡山で泊まるならココ!①あぶと倉敷館

滞在は歴史情緒感じられる倉敷がおすすめです。
まずご紹介する「あぶと倉敷館」は、江戸時代の情緒と現代の風情が程よく融合している「倉敷美術地区」にあります。1日2組限定の宿なので、プライベート重視の方におすすめです。

ワンフロアに1部屋しかないので、貸し切り状態で利用できます。気兼ねせずに贅沢な時間を過ごせますね。

夕食は専属契約している漁師から仕入れている瀬戸内海の海の幸と、毎朝直送されてくる新鮮な地元食材を組み合わせた会席料理をいただきます。岡山の幸をより一層引き立てる料理をじっくり堪能してみてください。


◆あぶと倉敷館
住所:岡山県倉敷市船倉町1252-5
電話番号:086-434-8038


[tabiiro-gadget]101194[/tabiiro-gadget] 岡山で泊まるならココ!②ホテルナンカイ倉敷

岡山で泊まるならココ!②ホテルナンカイ倉敷

もう少しリーズナブルに宿泊したい、という方は「ホテルナンカイ倉敷」へ。
朝食・夕食ともに幅広いメニューの中から好きな料理を選べるサービスが好評のホテルです。提供しているお惣菜はすべてホテル内で手作り。どこか懐かしい、優しい味付けとなっています。

宿泊費用は押さえたいけれど、美味しい料理が食べたいという方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


◆ホテルナンカイ倉敷
住所:岡山県倉敷市水島西千鳥町1-25
電話番号:086-446-0110


[tabiiro-gadget]101819[/tabiiro-gadget]

おわりに

岡山の歴史ある醤油屋さんに新鮮な魚介、そして岡山の歴史ある街並みを思う存分楽しみましょう。岡山で、特別な思い出に残る旅をしてみませんか。


情報提供元:旅色プラス
記事名:「心晴れる旅へ出かけよう。岡山の魅力を見つけるおすすめスポット