jlhotels 

JALホテルズは、中国での合弁会社であるニッコーホテルズ北京BTG有限公司と共に、泰州通泰投資有限公司とホテル運営契約を締結し、2015年10月に、「ホテル・ニッコー泰州」をオープンすると発表した。

上海から北西に約250キロの、中国・江蘇省泰州市の医薬高新区の中心部に建設中の、敷地面積約66,000平方メートルの複合施設「泰州数据産業園区(Taizhou Data Industrial Park)」内に、地上18階、地下1階、総客室数200室のホテルとして建設。レストラン、宴会場、会議室、室内プール、フィットネスセンター、ビジネスセンター、駐車場などの設備を備える。 

泰州医薬高新区(中国医薬城)の全体の計画面積は30平方キロメートルで、科学研究開発、生産製造、展示取引、健康医療、教育教学、総合付帯施設などの機能エリアで構成される中国初の国家級医薬高新区となっている。政府などが共同で建設しており、国内外の有名大学や著名企業の進出が決定している。 

ホテル運営契約を行った泰州通泰投資有限公司は、泰州数据産業園区での投資、建設、運営管理等を行う国有企業。 

Traicy配信記事

詳細はこちら

情報提供元:Hotelers
記事名:「JALホテルズ、ホテル・ニッコー泰州を10月オープン 中国初の国家級医薬高新区に