~オンライン予約環境の高速性、安全性、信頼性を向上させ、Webサイトトラフィックの増加にも対応~

米アリゾナ州テンピ--(BUSINESS WIRE)--デジタルコンテンツ配信のグローバルリーダーである Limelight Networks, Inc. (Nasdaq: LLNW) は本日、フィリピンの主要LCC (Low-Cost Carrier: 格安航空会社) であるセブパシフィック航空がLimelightのコンテンツデリバリーネットワーク (CDN) を利用し、世界へ向けた高度なオンライン予約体験を提供していると発表しました。


セブパシフィック航空 (PSE:CEB) は、運賃を低く抑えるために必要以上のサービスを受けたくない乗客に対して信頼性の高い定期航空便サービスを提供することで、地域の航空業界において「低価格、高価値」戦略の先駆けとなりました。 CEBはアジア・オーストラリア・米国・中東にまたがる38ヶ所の国内都市と30ヶ所の海外都市を結び、1996年以来1億3千万人の旅客を運んできました。 CEBのビジョンは、全てにおいて卓越と革新を約束し、世界で最も成功したLCCとなることです。

乗客の60%〜80%がチケットをオンラインで予約するため、CEBのビジネスがグローバルに成長するのに伴い、Webサイトの予約体験をさらに高速かつ安全で信頼性が高いものに引き上げ、トラフィックの増加にも追いついていく必要があります。Limelightを採用したことで、CEBはWebサイトのパフォーマンスを東アジアで44%、世界的には61%向上させました。オンライン予約が以前よりも高速になり信頼性も向上したことで、顧客からの苦情が大幅に減りました。

セブパシフィック航空業務部バイスプレジデントのJRマンタリン氏は「大多数のお客様がチケットをオンラインで予約するため、予約サイトへのアクセスに問題があると、顧客体験に影響を与えます。CEBは高品質で革新的なサービスと価値のある旅行体験をお客様に提供することを目指しており、Webサイトのパフォーマンスを向上させる方法を常に探しています。Limelight Networksを採用したことで、それを実現できました。」と述べています。

詳しい顧客事例はこちらからご覧頂けます。

セブパシフィック航空について
セブパシフィック航空 (PSE:CEB) は、運賃を低く抑えるために必要以上のサービスを受けたくない乗客に対して信頼性の高い定期航空便サービスを提供することで、地域の航空業界において「低価格、高価値」戦略の先駆けとなりました。 CEBはアジア・オーストラリア・米国・中東にまたがる38ヶ所の国内都市と30ヶ所の海外都市を結び、1996年以来1億3千万人の旅客を運んできました。 CEBのビジョンは、全てにおいて卓越と革新を約束し、世界で最も成功したLCCとなることです。

【ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社について】
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社は、ビジネス、エンターテイメントの新しい形を実現するコンテンツ配信パートナーである米国ライムライト・ネットワークス社(本社:米国アリゾナ州  NASDAQ上場証券コード:LLNW)の日本法人として2007年に設立されました。世界で1,500社以上のIT、エンターテイメント、ソフトウェア、テクノロジー関連のお客様が、自社のブランディングの深化や顧客関係の向上、インターネット広告の最適化や自社デジタル資産の収益化を実現する、弊社の頑強で拡張性の高いプラットフォームを信頼して頂いております。実績のあるライムライト・ネットワークスの独自アーキテクチャーは、お客様が配信を希望される様々なフォーマットのコンテンツをPC、各種モバイルデバイスに対し最も効率の良い方法で配信いたします。

https://jp.limelight.com/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

【お客様からのお問い合わせ先】および【報道関係からのお問い合わせ先】
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社
マーケティング本部  星
Tel: 03-5571-4230
Email: info-jp@llnw.com

情報提供元:
記事名:「セブパシフィック航空がライムライトのコンテンツデリバリーネットワークを導入し Webパフォーマンスとオンラインエクスペリエンスを改善